佐世保バーガーの食べ方

佐世保バーガーの食べ方

どうも、月に1度の佐世保バーガーを食べるハンくん (@SaseboHamburger) です。

バンズ・パティ・野菜・ベーコンなど多くの具材を重ねて作られる佐世保バーガーですが、初めて食べる方はそのボリュームに驚かれる事でしょう。

先日とある佐世保バーガーショップで恐らく初めて食べるお客様がいらっしゃっており、(関西の方)

でかぁ!こんな口開かへんわぁ!

ほんまでかい!w
どないやって食べるん!?

的な光景を目の当たりにしました。(なぜか嬉しくなった←)

そうだよねぇ~
食べ方がわからないよねぇ~

と思ったので、今回は「佐世保バーガーの食べ方」をご説明します。

佐世保バーガーの食べ方

佐世保バーガーはサイズが大きいものがたくさんあります。

そのまま大きな口を開けて食べる事もできますが、佐世保バーガーならではの食べ方をご紹介します。

※注意※

佐世保バーガーはソースやマヨネーズ、素材の味をすべて計算されて作られていますのでマヨネーズやケチャップなどの調味料を加えないことを全力でおすすめします。

佐世保バーガーの食べ方
  • STEP①
    ピンを抜く

    佐世保バーガーは具が多く倒れてしまうことがある為バンズ(パン)につまようじのようなピンが刺さっている事があります。
    このまま食べるのは危険なので必ず抜きましょう。

  • STEP②
    つつみ紙で全体を包む

    必ずつつみ紙でと一緒に提供されるのでその紙でハンバーガー全体を包みましょう。
    この時包みが甘いとソースやマヨネーズが溢れてしまうので注意。

  • STEP③
    上から両手で押して潰す

    つつみ紙で全体を包んだら両手でゆっくりと押して潰します。
    ソース・マヨネーズ・肉汁がバンズに染み込んでいくのが分かります。

  • STEP④
    口を大きく開けていただきます!

    口に入る程度の大きさまで潰したら準備OK!
    あとは思いっきりほおばってください。

    素材の味、ソースの味を味わいましょう!

佐世保バーガーを上手に食べるポイントは

「潰して食べる」

これにつきます。

佐世保バーガーはサイズが大きいものが多くそのまま口に入れようとするとアゴが外れます。(うちの母親は外れましたw)

最初は不慣れでソースで手が汚れることもあるかもしれませんが次第に上手になっていきます。

ハンくん
ハンくん

私ぐらいになれば立ったままでもキレイにペロリです!

佐世保バーガーのサイズ

佐世保バーガー=大きいハンバーガーと思われがちですが、実は佐世保バーガーの定義に大きさは関係ありません。

ハンくん
ハンくん

大きくても小さくても佐世保バーガーは佐世保バーガーなのです。

ただ、大きいものはほんとに大きくて先日食べた「LOGKIT(ログキット)」のスペシャルバーガーは重量なんと500グラム!

直径にして15センチもある特大バーガーなのです。

佐世保ログキット

↑直径15センチ、重量500グラムの特大ハンバーガー

ハンくん
ハンくん

確かにこんな大きなハンバーガーは佐世保バーガー以外だとなかなかお目にかかれないですよね。

大きさに驚かれることも納得です。

でも佐世保バーガーは大きいだけじゃなく、素材の味を活かした佐世保ならではのハンバーガーなので是非とも現地で食べていただきたいと思います。

ハンくん
ハンくん

佐世保でお待ちしてます!
都合が合えば一緒に食べましょう!

コメント